読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

億越え Project

30前半独身サラリーマンが億資産を得るまでの記録。~2008年リーマンショックを期に20万で株式投資開始。元本100万円に増資しアベノミクス経由で2015年現在、資産1,500万円~

2016年6月 生存報告

半年ぶりの更新。生存報告です。

私が保有する株式の損益(2016年6月27日(月)時点)は次の通りです。

f:id:koala1984:20160627225120p:plain

f:id:koala1984:20160627225410p:plain

<資産推移>(記録しはじめた2015年1月4日から2016年6月27日現在までの推移)

f:id:koala1984:20160627225439p:plain

2016年度年初資産比:  +185%up (日経平均: -17%down)

 

空売りに信用ブチ混んで資産を増やしたことを、決して成功の先例としてはいけないと、強く強く、思います。

織田信長が最も偉大だった点は『長篠で鉄砲を敷き詰めたことではなく、桶狭間の投機的な勝利を先例としなかったこと』

(てなことを、司馬遼太郎国盗り物語」に書いてあった気がする)

相場における先人たちの足跡をたどると、一時は栄華を築いた方々の墓標が累々と連なっています。

利益を確定するまでが勝負です。

(明日からラ〇ックスが連続ストップ高するやも知れぬ!)

今後は軽々に資産を吹っとばさないような運用方針にシフトしていきたいと思っています。

 

さて、世界経済は昨年8月くらいから、将来の景気後退を織り込もうとしはじめたように思います。

世間はイギリスのEU離脱で騒いでますが、危機の本丸は、中国の過剰生産企業、民間債務&アメリカ大統領選 だと思っています。

 

そんな相場環境の中、個人的には足元で

買うなら 、防御力ばつぐん のネットネット株。

空売りするなら、株価が高くバリュエーションも高い市況モノ銘柄。

だと思っています。

 

「札束は タヌキの葉っぱである」という、かーる・まるくす チックな思想を心の片隅に置きつつ、今後来るであろう時代の荒波に対処していきたいと思っています。

 

民主主義の堕落を感じさせる出来事が次々と起こっていますが、未来のために人々が抑制的に振る舞い、他人には寛容な未来が訪れることを願っています。

(自分自身の振る舞いや頭の中を省みると、それこそ堕落しまくってることに気づきました。堕落した人が高邁なこと言うたらアカンですね。空想的〇〇主義!)

2016年1月実績 年初来比24%up 主戦はラオックス(空売り)

私が保有する株式の損益(2016年1月4日(月)時点)は次の通りです。

(一部空売りは伏せています。)

f:id:koala1984:20160130053300p:plain

f:id:koala1984:20160130054038p:plain

<資産推移>(記録しはじめた2015年1月4日から2016年1月4日現在までの推移)

f:id:koala1984:20160130053407p:plain

2016年度年初資産比:  +24%up (日経平均: -7%down)

 

新年早々、アカンやつが来ましたが、ラオックス空売りに助けられました。

去年8月下旬の中国減速時に「中国空売り銘柄」を各種検討し、最終的に資金を寄せたのがこのラオックスです。

ポイントは、6月からの売上前年度比の推移。

小売業で、ここまで大きく・明確に推移が動くのは珍しい。

f:id:koala1984:20160130055024p:plain

http://www.laox.co.jp/ir/upload_file/library_05/getsuji_201601.pdf

ラオックスホームページより

 

中国人観光客・増加と、ラオックス・増収の相関関係は、もはや崩れています。

低株株は踏みあげ始めると死ねますが、勝負所と考え、大きく資金を傾けています。

秋口から、利益確定&追加売りを断続的に続けています。

 

愛着のあった、ユニバーサル園芸・ピックルスコーポレーションは、ほとんど手放してしまいました。

今でも屈指の珠玉の銘柄だと思っているのですが、信用維持率を小マシにしたかったのと、暖冬と思ってたのが良く分からなくなったので、損切りしました。

手放してしまったものの、もっと評価されるべき銘柄だと思っています。

 

目下の関心は、原油価格の趨勢です。

今日は、このセミナーに行ってきます。

実は、資産運用セミナーに足を運ぶのは、初めてです。

MANコンサルティング新春資産運用セミナー

2015年度:総資産2倍達成!  2015年振り返り & 2016年見通し

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

投資ブログということで、2015年の振り返りと2016年度の見通しをつらつら記載したいと思います。

 

さて、私が保有する株式の損益(2016年1月4日(月)時点)は次の通りです。

(売り建ての銘柄は伏せています。)

f:id:koala1984:20160104190115p:plain

f:id:koala1984:20160104190502p:plain

<資産推移>(記録しはじめた2015年1月4日から2016年1月4日現在までの推移)

f:id:koala1984:20160104191032p:plain

2015年度年初資産比:+109%up (日経平均:+9.8%up)

2016年度年初資産比:  ±0%変動 (日経平均: -3%down)

 

<2015年度 振り返り>

2015年度は年間を通して、2倍越えのパフォーマンスという結果で、個人的には満足がいくものでした。(税金400万支払い分を控除後の結果です)

ただし、トレードが上手いのではなく、リスクを取りまくった結果であると認識しています。信用維持率は恒常的に、超低空飛行を続けています。リスクを負ったことの代償で、逆回転した時は、露と消えにし我が身になるでしょう。。。

 

2015年の収穫: 空売りで利益が取れたこと

一昨年まで、「空売り」に苦手意識があったのですが、2015年度は「空売り」で取れたことが自分にとっての最大の収穫でした。「空売り」は、「買い」よりも圧倒的にリスクが大きく利益が少ない取引なので、「買い」で利益をあげるに越したことありません。

ただし、いつまでもアベノミクスが続くわけもなく、来たりくる下落相場に備えて、空売りの体験を積んでおきたいと思っていました。

失敗もありましたが、どういうものかがだいたいわかったので良かったです。

 

2015年で残念だったこと: 企業に関心を持つ感性が低下したこと

2015年を通して、一日中どこか株のことを考えている「株キ〇ガ〇」だったのですが、関心が自分の保有する株を追跡することに熱中し、企業や経済の知識としてほとんど進歩がなかったように感じています。

株式投資全般に対するスタンスとしては、「自分がベストと思う銘柄に集中投資」が良いと思っています。

しかし、株を始めた頃は、株雑誌(「オール投資」が愛読書でした)を隅から隅まで読み、気になった株は詳細に調べる執着心がありました。

情報に流されて浮薄なテーマ株を追っかけて失敗することも多々あったのですが、当時は日々知識のストックが増えていたように思います。

株を始めた頃のみずみずしい感性を取り戻し、知見を充足させ、今後の変化に対応できるように成長したいなぁ、と思います。

 

<2016年度 見通し>

参院選までボックス相場、後半は下落相場

いろんなアナリストが様々な予想を立てていますが、私はこの見通しに与します。

最大のリスク要因は、中国です。

あの国で持ち上がっている問題は、顕在化しただけで何も収束していません。当局が蓋をしようとしているだけです。

今の中国のフェーズは、2007年8月のパリバ危機のフェーズだと思っています。2008年9月のリーマンショックのような事態になるのを恐れています。。。

次なるリスク要因として、消費税増税もありますが、これは未来の日本国民のために粛々と進めて欲しいと思っています。

 

良い材料は、参院選と原油価格下落です。

少なくとも参院選までは、安倍ちゃんは支持率向上のために経済対策を継続すると思います。彼のライフワークは、憲法改正です。憲法改正するためには各議院の総議員3分の2以上の賛成が前提となるので、参院選は絶対に落とせません。

(長期的な視点は度外視にしても、)安倍ちゃんは人気取りのための経済政策に邁進すると思います。人気取りには経済対策が有効なことを、ヒトラーさんの歴史も示しています。

また、原油価格下落も、基本的には日本経済にポジティブだと思っています。日本は外国へのエネルギー依存度が高いので、石油製品の原価低減につながります。また、経常収支も良化します。原油価格の下落トレンドは、アメリカのシェールガスの会社が何個か逝くまで続くでしょう。

原油価格下落で短期筋が跳躍したときは、つられて日本株も大きく下がるでしょうが、日本の実態経済的にはポジティブなのではないでしょうか。

 

<2016年度のスタンス>

・世の中の趨勢に留意しつつ、リスク・リターンを取りに行く。

空売りを織り交ぜる。

・良く分からない企業には投資しない。機関投資家ではなく個人投資家から利潤を獲得しよう)

バカバカしい話ですが、2016年度もリスクを取りに行こうと思っています。

私は人生の序盤のステージにおいて、経済的自由を勝ち得たいと思っています。

世の中では「やりたいことをしなさい」と言いますが、私には生きていける保証もなくやりたいままに自由にやっていく勇気はありません。

好きなように生きていく前提として、経済的自由を確保したいです。

とは言っても、普通に働いて稼いでいては老境になってしまいます。

配当や利息で(日本でなくても東南アジアでなら)生きていける程度の所得を得るまでは、信用を振り回す所存です。

でっど・おあ・あらいぶ。

信用取引を振り回した投資家たちの墓標のひとつに、自分がなってしまう恐れが十分にありますが、そうならないように、臆病かつ大胆に取り組んでいきたいと思います。

 

織田信長天下布武の大業に、億越えProjectの小業をなぞらえると、こんなフェーズでしょうか。

 

家督相続 : 1,000万

清州城獲得: 2,000万

~~~今ココ~~~

尾張統一 : 3,000万

桶狭間  : 5,000万(億の光明が見えてくる!)

岐阜城獲得: 7,500万(生きていくための最低限の経済的自由を確保! ※独身でなら)

上洛   : 1億  (億り人)

信長包囲網: 8,500万

信玄死去 : 1億

義昭追放・越前近江攻略 :1億3,000万

長篠大勝利:1億5,000万

武田殲滅 :2億

本能寺  :考えたくない。。。

 

この妄想によれば、自分の今のフェーズは、柴田勝家を帰順させて、弟の信行とやりあってる段階のようです。

がんばります。

 

ここまで読まれた方、新年早々、くだらない駄文・妄想に付き合っていただきありがとうございましたm(_ _)m

2015年12月6日(日) 私の総資産は本日が天井ナリ。 ブログupのmyジンクス。

私が保有する株式の損益は次の通りです。

f:id:koala1984:20151206145506p:plainf:id:koala1984:20151206145518p:plain

<資産推移>

f:id:koala1984:20151206145544p:plain

年初資産比:+99%up  (日経平均:12.5%up)

 

前回のブログ更新が、8月17日

一時、総資産2,000万の大台に迫る勢いだったのが、さにこの日から総資産はピークアウト

見事にチャイナショックで崩落しました。

500万円の資産が10日間で溶けました。

2013年5月に東北復興関連銘柄「7426 山大」で大損ぶっこいて以来の悲劇です。

そして、より中国悲観シフトにポートフォリオを組み替えて、今に至ります。

 

チャイナショックの日から、「ブログを更新すると、そこが自分の高値かもしれない」という、my ジンクスが頭をもたげ、ブログを更新できずにいました。

本日が今年の高値かもしれません。

あと、1%で年初来比2倍なのですが。。。

 

8月のチャイナショック後の大きな変化としては、

1.2010年からの不動の超絶主力銘柄竹内製作所放出したこと。

2.某中国関連企業に力の限り全力で空売りブチこンだこと。

です。

結果、リスク管理を度外視の4銘柄ポートフォリオが出来上がりました。

中国暴落、日経暴落、バッチ来いやぁ(`(エ)´)ノ_彡!!

 

某中国関連企業につきましては、あまりにもレバレッジかけすぎて恥ずかしく、踏み上げも怖いので伏せています。

(一日閲覧数がほとんど無い、このブログに載せたところで、市場影響力皆無なのですけれどもね(^^;;))

伏せてある某中国関連企業が「気になる」という奇特な方がおられましたら、個別にお伝えしますので、メッセージいただけますと幸いですm(_ _)m

 

今年もあと、一か月足らず。

仕事でのストレスが多い一年でした。

上昇していく株価を横目に、資産運用で食ってく日々を妄想する日も多々ありました。

憂いなく年を越せるよう、残り25日間。

仕事に株に全力でがんばろうと思います。

2015年8月17日(月)  ジャストシステム、堅調。 フマキラー、叩き売られる。

私が保有する株式の損益は次の通りです。

f:id:koala1984:20150818014649p:plain

f:id:koala1984:20150818014707p:plain

f:id:koala1984:20150818014726p:plain

<資産推移>

f:id:koala1984:20150818014748p:plain

年初資産比:59%up日経平均:19%up)

 

ジャストシステムが、好決算と復配により、堅調。

売建のフマキラーが、盆明けから更に売り叩かれ、含み益高水準です。

※前回投稿の日本農薬は決算後、ソッコー撤退戦を敢行しました。

 

ジャストシステムに関しては、数年越しで4倍くらい狙えるんじゃないかと思っていましたが、いつ騰がるかはまったく見当がついていませんでした。

koala1984.hatenablog.com

配当に関しては、「ジャストシステムはそういう会社じゃない」と思っていたので、復配については、自分にとってサプライズでした。

 

フマキラーについては、見込みが当たって、ホッとしたというのが正直なところです。

450円くらい行くんちゃうかと思っていますが、欲張ると「取らぬ狸」のまま終わってしまいそうなので悩ましいところです。

日経も去年より騰がってるしねぇ。。。

 

急激に資産が増加するとなんだかソワソワしてくるのが正直なところですが、そんな時に浮わついた取引すると大逆襲を食らうというのを、2013年5月に経験しています。

 

「勝って兜の緒を締めよ」を心に、buy and homework を怠らないように精進しようと思います。 

2015年7月27日(月) 信用売り銘柄による、エアバック効果発現!!

私が保有する株式の損益は次の通りです。

f:id:koala1984:20150728002947p:plain

f:id:koala1984:20150728003009p:plain

f:id:koala1984:20150728003026p:plain

<資産推移>

f:id:koala1984:20150728003047p:plain

年初資産比:28%up 日経平均:17%up)

 

今日は、5607 中央可鍛 が1円上げた以外は、全銘柄が下落しました。

こんな下落相場でも11万円で済んだ(?)のは、信用売り銘柄のおかげです。

ありがたやありがたやO(-人-)O

 

本日は先日の投稿の通り、現金100万円をFX口座に移管しました。

また、信用取引で持ってた日本システム情報を手放し、4997 日本農薬に乗り換えました。

前々から気になっていた銘柄ですが、某ブログを見て購買意欲が再燃し、購入しました。

(あながちパクリじゃないよっミ★(*^-゚;)v

TPP効果はいかのほどかは知りませんが、業績はアップトレンドなのに株価が下落し続けてるのはいつか是正されるであろう、という思いがあります。

農業は景気変動の影響を受けにくいとされていますが、今般の資源安で原料の調達価格は下がってるんちゃうかと妄想しています。

農業関連株としては、4952 SDSバイオテックの方が時価総額低いという点では妙味を感じるんですが、より不条理感漂う、日本農薬で勝負してみることにしました。

ここ数か月の間に勢い余って1,000円割っちゃう可能性はあるかもしれませんが、800以下とかにズルズル行くことはまず無いやろな、とは思ってます。

逆に、ここ1年の間に1,600円は越えなおかしいやろ、と思ってます。

【日本農薬 チャート】

f:id:koala1984:20150728005001p:plain

 

明日も下げそうですね。

「中国経済には弱気、弱気」と言いつつも、現物と信用で2,400万くらい買いポジションを振り回している矛盾。

ほんとうにそう思っているのであれば、相応の対応をしないといけませんね。

大きく下げてから売りポジションに転換するようでは、億れない人になってしまう。

 

億りたや

ああ億りたや

億りたや

 

今の私には、相場に臆する気持ちが足りてない気がします。

もっと謙虚にならなければ。

2015年7月26日(日) 49型4Kテレビが4台買えるくらい下落。 ~これからFX比率を高めるかもしれないよ~

私が保有する株式の損益は次の通りです。

f:id:koala1984:20150726115204p:plain

f:id:koala1984:20150726115223p:plain

f:id:koala1984:20150726115239p:plain

<資産推移>

f:id:koala1984:20150726115300p:plain

年初資産比:31%up 日経平均:19%up)

 

先週末の金曜日は、「ジャストシステム」「竹内製作所」「フマキラー」の大きなポジションを持つ銘柄が、思惑と反対に動き、41万円の資産が溶けました。

ヤマダ電機で、49型の4Kテレビ(アウトレット品)を店頭販売しているんです。

「買おっかなー」と思っているのですが、4台買えるくらいの分を、1日で減らしちゃいました(+_+)

 

少し、気がかりなのがフマキラーです。

この株を空売りに出た根拠のひとつは「今年の夏の気温は平年並みかやや寒い」ということでした。

7月になってから猛暑が続いています。

この影響を、ちょっと懸念しています。

ただ、この株に関して最も大きなポイントは「デング熱騒ぎのあった去年の最高値を4割も上回っている状態」であることだと思います。

現状は、今年も特需があることを織り込んだ株価ということです。

今年も特需化する事象が発生しても現状程度。

今年、特需化する事象が発生しなかったら、今から少なくとも2割くらいは下落するということだと解釈しています。

この見通しが当たるか外れるかはわかりませんが、引き続き、注視していこうと思います。基本的には、12月まで売りポジションを継続する方針です。

(第1四半期決算の8月7日が、ひとつのターニングポイント。

 昨年度最高値を付けた9月上旬時点の株価が、最終判断ポイントだと思ってます)

 

さて、日本株の中長期投資に重要な、日本におけるマクロ経済の見通しについてですが、私にはさっぱりわかりません( ;∀;)

①金融緩和で更に円安、株高が進むのか!?

②チャイナショック本格化、そしてアメリカ利上げの煽りを食って、2007年のような株価動向になるのか!?

変数が多すぎて、私の小さな頭では自分なりの見通しを立てることが不可能な状態になっています。

(それを考えると、2013年序盤の相場環境はほんとうにイージーモードでした。圧倒的出遅れ日本市場で金融緩和。欲しい株がいくらでもあって、買えば時折ストップ高になるという、まさに相場の稲妻が轟いていた時期でした。)

 

いろいろ考えたのですが、今後、日本株への比率を少し減らし、FXに振り分けるかもしれません。

ポジションとしては、「米ドル買い・資源国通貨売り」です。(ここで言うFXとは、半年~1年くらいの中期スパンです。

このように考えたのは、「米ドル利上げ、中国減速」のほうが、「1年後の日本経済」よりも不確実性が低いと思うからです。

アメリカ利上げについては、前々から取沙汰されているので、遅かれ早かれ1年以内にあるのはほぼ確実でしょう。

また、中国ついては、米キャタピラーの第2四半期決算(先週発表)で、来期も中国・ブラジルの見通しは悪い的なことを言っていたので、まぁ、そうなんでしょう。

(中国に関しては、中国政府の大本営発表よりも米キャタピラーの言うことの方が信用に値します)

 

FXについては、あまり得意ではなく、成功するかどうかはわからないですが、「日本株比率縮小」「FX比率拡大」も視野に入れつつ、今後の相場に臨んでいきたいと思います。